学び・つながる観光産業メディア

アスコット丸の内東京で、女性アーティストによる「アートのある暮らし」展

コメント

 アスコット丸の内東京(東京・丸の内、130室)は10月23~29日、女性アーティストによる伝統工芸や現代アート展「The Art of Living - the Beauty of Japanese Art、アスコット-アートのある暮らし-未来につなげる日本のアート」を22階ロビーラウンジで開く。

 今年4月からウェブ展覧会などで女性アーティストの活動を支援する「てのひら美術館」と連携し、ホテルで開催してきたアート展の集大成として開く。

 好評だった作家の作品を中心に絵画や陶芸、書画、建築アート、伝統工芸(伊万里・有田焼、博多織、信州紬、東京友禅、美濃焼、紀州漆器、大阪欄間、京指物)などを展示し、ロビーラウンジをアートで彩る。ワークショップも行う。

アスコット丸の内東京 ロビーラウンジ
22階のロビーラウンジ

 入場無料で10時30~18時までは一般公開する。宿泊客以外も見学できる。

期間中、レストランではアートをテーマにしたハイティーを提供する。料金はアルコールのあるなしで8000円と1万円。

/
/

会員登録をして記事にコメントをしてみましょう

おすすめ記事

/
/
/
/
/
/