学び・つながる観光産業メディア

円安だけど海外旅行 ハネムーンでインフルのピンチは、ハワイアンジュエリーで挽回する

コメント

 -ハネムーンでハワイに行ってきたそうですね。

 新田剛太さん 昨年の11月3日に結婚式を挙げて、5日から5泊7日で行ってきました。

 -コロナで結婚式を延期していたとかあるんですか。

 新田さん それはありませんでした。たまたま、そのタイミングでした。

 -ハネムーンだと、円安とかはあまり気にしないんでしょうか。

 新田さん 奥さんと相談しながらですが、円安で旅行費用が高くなるのは気にしました。HISから提案してもらって、バリ島とかコスト抑えようかとも考えましたが、ハネムーンはハワイに行きたと思っていたんで、けちけちせずにと思い直して行ってきました。行き先をハワイに決めてからは、奥さんとHISに相談しながら旅程を考えるのは楽しかったです。

- どうして新婚旅行はハワイに行きたいと。

 新田さん 幼少期に家族でハワイに行ったことや、6年前には姉の結婚式でもハワイ行って、今度は奥さんと行きたいと思っていました。奥さんは初めてのハワイということもあります。

 -ハワイでなにをしようとか、どんな旅程を考えたんですか。

 新田さん 宿泊はワイキキのアウトリガー・リーフ・ワイキキ・ビーチ・リゾート・ホテルに5泊しました。HISからは日本人にはシェラトンが泊まりやすいですよと勧められたんですが、飛行機とあわせて100万円ほどになってしまうので、それよりは現地でのオプショナルツアーを充実させたいという奥さんの意見で、宿泊費は少し抑えました。奥さんとは志向が違っていて、僕はハワイの気候と景色のなかにいることを楽しみたくて、ビーチでくつろいだり、リラックスして過ごしたいと思っていました。奥さんはアクティブな人で、いろんなアクティビティを隙間なく全力でやりたいという希望がありました。そのあたりも相談しながら、現地ツアーやレストランは2人で決めて、予約はHISにお願いしました。

予定はキャンセル、申し訳ない気持ち

 -新婚旅行で行ったハワイはどうでしたか。

 新田さん それがハプニングがありまして、現地でインフルエンザが発症してしまいました。実は結婚式後に参列した親族が何人か具合が悪くなっていて、それで感染したと思うんですが、ハワイに着いて1日目の夜から熱で寝込んでしまいました。

 -それは気の毒でしたね。

 新田さん 到着日のディナークルーズまでは元気だったんです。夕日を見ながら、いい感じのディナーだったんです。それがそのあとに39度まで熱が上がってしまい、翌日に予定していたダイヤモンドヘッドでの朝日、ワイキキの近くでのパラセーリングなどの予定は全部キャンセルです。そのまま3日目も熱が下がらず病院に行ったら、医者からインフルエンザかコロナだろうと言われ、検査をしたらインフルエンザでした。3日目はオアフ島一周のバスツアーを予約していたんですが、それもキャンセルです。ただ、インフルと分かってタミフルを飲んでからは回復も早くて、少し元気になりました。それで夜のロイヤルハワイアンセンターのロック・ア・フラは見に行けました。

円安だけど海外旅行 剛太さんハワイ こんなオーシャンフロントの部屋で寝込んでいた
見晴らしのいい、こんな部屋で寝込んでいた

 -ホテルの部屋に引きこもり中、奥さんは優しかったですか。

 新田さん 遊びに行ってきていいよと言ったんですが、ずっと一緒に部屋にいて看病してくれました。でも、申し訳ないし落ち込みますよね。冴えない感じで過ごしました。ロック・ア・フラの翌日は、なんとか取り返さなきゃいけないと、病み上がりでしたけど無理して観光しました。日中はアラモアナセンターでショッピングしました。奥さんはハワイアンジュエリーをほしいと言っていたので、ここは奮発しようと指輪を2つ買いました。とても喜んでくれて、今も肌身離さず身につけてくれているから、いい買い物ができてよかったと思っています。

- 印象に残ったレストランはありますか。

 新田さん クラッキンキッチンは面白かったですね。ハワイアンケイジャン料理というそうですが、地元産のシーフードレストランです。テーブルがお皿かわりで、そこにカニやエビがどかっと置かれて、手づかみでむしゃむしゃ食べます。ボリュームが多く、味もこってりでしたから、病み上がりには、ちょっとこたえました。

アザラシ、ウミガメ、サイクリングで気分一新

- ビーチでリラックスはできたんでしょうか。

円安だけど海外旅行 剛太さんハワイ 病み上がりなんて言ってられないぞ、サイクリング
病み上がりなんて言ってられないサイクリング

 新田さん ホテル前のビーチを歩いていたら波打ち際にアザラシが寝ていました。観光客が遠巻きに見ているんですが、ぐったりして見えて、獣医という職業柄、寝ているだけなのか、死にそうなのか心配になりました。暫く様子を見ていると、波がアザラシにかかり、アザラシは慌てて陸の方に動きました。ただ日光浴をしていただけなんだと2人で喜びました。近くのビーチではウミガメが親子で泳いでいました。ハワイの野生動物を見られたのもよかったですし、2人でウミガメのそばで泳げたのはいい思い出になりました。

 -ワイキキに野生のアザラシやウミガメがいるんですね。

 新田さん 最終日はワイキキからバスで40分ほどのカイルアタウンに行きました。住宅とレストランやお店など商業地が混在しているエリアです。ハワイで姉の結婚式に出席した時に、父母と3人でドライブし立ち寄った街で、奥さん連れて行きたかったんです。レンタル自転車でサイクリングしながら、カフェやショッピングを楽しみました。

 -後半はだいぶ調子が上がってきましたね。

 新田さん そうですね。でも病気になってしまったので、完全なハワイ旅行ではありませんでした。だからリベンジしたい気持ちがあります。ハワイにはまた行きたいですね。

円安だけど海外旅行 剛太さんハワイ 2人組み写真
それでも楽しかったハネムーンinハワイ

「今の円安」にからめとられない、大昔、1ドルは360円と決まっていたんだ

 海外旅行の回復が遅れている。コロナ前の2019年の海外旅行者が約2000万人だったのに対し、2023年は半数に及ばない962万人と1000万人を下回った。年間の訪日外国人旅行者数が2500万人を超えたのとは対照的だ。海外旅行者が伸びない最も大きな要因としては1ドル140円台程度の円安が言われ、旅行業界も円安だから仕方ないとの諦めムードも漂う。

 ただ、どうなんだろう。1964年に日本で海外旅行が自由化されて以降、子供時代1ドルは360円と決まっていたし、知りませんでしたか。初めての海外旅行でグアムに行った1985年前半は1ドルが250円程度で、やはりすごい円安だった。それでもお金を貯めて海外旅行に出かけたものだ。いったい円が幾らになった次の行き時なんだろう。待っているうちに、おじいちゃんになっちゃうぜ。「今の円安」のさなかに海外旅行に行った人に話しを聞いていく。

/

会員登録をして記事にコメントをしてみましょう

おすすめ記事

/
/
/
/
/