学び・つながる観光産業メディア

「伴走から自走へ」 関東運輸局、2年目振り返る江戸街道プロジェクトアドバイザリー会議を開催

コメント

 国土交通省関東運輸局は3月11日、地域連携促進企画として取り組む「江戸街道プロジェクト」の2年目の活動報告や次年度の展開を議論する「第3回江戸街道プロジェクトアドバイザリー会議」を東京・八重洲のグラントウキョウサウスタワーで開いた。大学教授や観光県関係者など委員が参加。今後は、ロゴマークの普及・対象の発信力強化、既存・連携中の取り組み(周遊ルートなど)の商品化、新たな周遊ルートなどの開拓などで「伴走から自走へ」を目指す。

 江戸街道プロジェクトは、広域関東(1都10県)の魅力を「江戸街道」という統一テーマでブランディングし、街道観光の推進を通して地域を活性化する取り組みで、関東運輸局が2022年度から主導。観光資源が単体ではなく複数で連携することで相乗効果を生み、魅力度や発信力の向上、集客増につながる取り組みとして期待されている。

 同プロジェクトではこれまで、有識者会議の設置にはじまり、推進ビジョンの策定やロゴマーク作成、リーフレット作成、街道観光シンポジウム開催、オンラインセミナー開催、専門家マッチング事業、街道観光資源の再編集などを行っている。

地域間の連携機運の醸成につなげる

江戸街道プロジェクトアドバイザリー会議
第3回「江戸街道プロジェクトアドバイザリー会議」の様子

 冒頭、関東運輸局の勝山潔局長は、「これまで街道観光の集約的な情報発信や具体的な誘客につながる取り組みとして街道観光プラットフォーム構築による効果検証、小田原を舞台にしたアプリ活用による周遊促進実証事業などを実施してきた。さらには街道観光をさまざまな角度より発展させる観点から江戸料理と分散型宿泊を実証事業に取り上げ、具体的な地域連携に寄与できるようセミナーなどを実施してきた」と成果を報告。今後は活動を通して見えてきた課題の解決や一層の地域間の連携機運の醸成に取り組む方針を示した。

 2023年度の事業報告では、①JiF国際観光立国フォーラムin Tokyo 2023の共同開催②分散型宿泊取組推進事業における取り組み(専門家マッチング事業関係)③アプリを活用した街道観光への誘客・周遊促進に関する実証事業④「江戸街道、料理で伝える歴史と文化の旅」事業⑤「伝説や逸話をコンテンツとした地域誘客促進企画」調査業務⑥街道観光プラットフォーム(仮称)構築による街道観光振興への効果検証事業⑦温泉街道関連の取り組み⑧地域観光新発見事業における江戸街道プロジェクト関連案件の支援⑨江戸街道をテーマとしたイベントの実施―といった取り組みが発表された。

 今後は、「特別体験事業」「地域観光新発見事業」など、観光庁補助事業を最大限活用した観光地域づくりの支援のほか、アドバイザリー会議での助言を生かしながら料理街道や温泉街道といった連携テーマに基づく周遊ルート開発や旅行商品化の支援、大型BtoCイベントを開催するなど街道関連事業のプロモーション支援、既存の取り組みの発信力強化・商品化、新規開拓(自治体・DMO連携仲介)など関東広域観光機構(関東広域DMO)によるインバウンド誘客支援などに取り組む。

 このほか、江戸街道プロジェクトで初となる具体的なコンテンツ造成事業として、料理研究家で江戸料理研究家としても活躍する冬木れい氏(大きな竈主宰)が監修した江戸街道プロジェクト×江戸料理の第1弾開発メニュー「千住宿版江戸料理」の動画を披露した。

 参加した委員からは、アプリのデータの有効活用や江戸街道の起点となる日本橋を活用した取り組みの展開、地方での誘客イベントの実施、外国人に分かりやすく刺さるコンテンツの開発・情報発信、認証制度など消費者が実際に動き成果につながる取り組み、事業者がプロジェクトに参画しやすい支援の用意といった声が上がった。

 今回参加した江戸街道プロジェクトの委員は次の通り。(順不同・敬称略)

 筑波大学名誉教授:石田東生▽日本観光振興協会総合研究所顧問:丁野朗▽リクルート地域創造部部長:高橋佑司▽三菱総合研究所主任研究員:宮崎俊哉▽実業家:ルース・マリー・ジャーマン▽全国街道交流会議専務理事:古賀方子▽関東広域観光機構専務理事:小堀明夫▽日本ウオーキング協会事業統括専務理事:井上成美▽国土交通省関東運輸局長:勝山潔 ※欠席・跡見学園女子大学兼任講師:山崎まゆみ▽足立成和信用金庫理事長:土屋武司

/

会員登録をして記事にコメントをしてみましょう

おすすめ記事

/
/
/
/
/