学び・つながる観光産業メディア

肉に合う星空舞を 平井知事が肉フェスでPR、鳥取県

コメント

 鳥取県は4月26日から5月6日、鳥取県が開発したブランド米「星空舞」のPRを東京・お台場で開かれた肉フェスで行った。初日には、平井伸治知事が来場し、星空舞を提供するライススタンドを紹介。「肉によく合い、空に輝く星のようにツヤの美しいこの星空舞とお肉をお腹いっぱい食べてほしい」と話した。

 同県は、昨年に続きライススタンドを設置。「星空舞 極み肉寿司」「幻の鳥取和牛 リブロースステーキ(今年は和牛も参加)」の試食提供を行った。

 星空舞は約30年をかけてコシヒカリとササニシキを掛け合わせて産んだ逸品。空に輝く星のようにツヤの美しさが評価されるほか、肉によく合うと言われている。

 平井知事は、「『肉を載せるなら星空舞でしょ!』と多くの人にオンザライスしていただきたい」と来場者に呼び掛けた。

/

会員登録をして記事にコメントをしてみましょう

おすすめ記事

/
/
/
/
/