学び・つながる観光産業メディア

埼玉県杉戸町、未経験者から楽しめるSUP体験 水上から自然や暮らしを感じる非日常クルージング

コメント

 東京都心から電車で約1時間に位置する埼玉県杉戸町。宿場町で栄えた歴史や文化や新鮮野菜のグルメが楽しめる。そのような杉戸町では今、町に流れる一級河川「大落古利根川(古利根川)」でハワイ発祥のウオーターアクティビティ「スタンドアップパドル(SUP)」を楽しむ体験が注目されている。古利根川は、とても流れが緩やかな川で、SUP未経験者から楽しめる場所。自然と人の暮らし両方を感じながら非日常な水上クルージングを楽しんでほしい。

自然を眺めながらSUPクルージング(古利根SUPクラブ提供)
自然を眺めながらSUPクルージング(古利根SUPクラブ提供)

 古利根川は、杉戸町と埼玉県久喜市を起点とする利根川水系の一級河川。南埼玉郡と北葛飾郡の郡境を画し、古利根川という名称が付されているようにかつては利根川の本流だった。現在でも利根大堰からの水が埼玉用水、葛西用水路等を経由して流れ込んでおり、4月~10月には豊富に水が流れている。

 SUPは、大きめのボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進んでいくウォーターアクティビティ。安定感のある大きめのボードを使用し、バランスがとりやすく、すぐに立てるのが特徴だ。体験場所となる古利根川は、川沿いには閑静な住宅街、東武日光線の電車が走る高架線、東武動物公園駅に続く古川橋などがあり、杉戸町の人々の暮らしと自然の両方を感じながらSUP体験ができる。

東武動物公園駅から徒歩5分の絶好立地で楽しむSUP

小さい子供もボードに乗って参加できる(古利根SUPクラブ提供)
小さい子供もボードに乗って参加できる(古利根SUPクラブ提供)

 東武伊勢崎線東武動物公園駅から約5分歩いたところには、杉戸町でSUP体験を提供している「古利根SUPクラブ」(運営はRADIX杉戸)がある。古利根SUPクラブでは、古利根川を体験の場として、SUPクルージングを手ぶらで楽しめるコースを用意している。4月中旬には桜、夕暮れには夕陽、夏季には涼しい水上でクルー人を満喫できる。体験時間は約1時間。陸で約10分ほどSUPの乗り方、注意点などを説明を受けた後、古利根川でSUP体験が楽しめる。また、必要な道具は全て貸し出ししており、安心して参加できる(着替えやタオル、飲み物は持参)。

 「四季折々の風景を楽しんだり、体感エクササイズを目的にSUPをしたり、楽しみ方はさまざま。​流れのおだやかな古利根川で、小さなお子さまから年配の方までの性別関係なく安全・簡単にSUPを楽しめる」と同クラブ。

RADIX杉戸によるSUP事前説明動画

 問い合わせは、RADIX杉戸まで。TEL0480-34-1171(午後2~8時)、月定休。

 

/

会員登録をして記事にコメントをしてみましょう

おすすめ記事

/
/
/
/
/